カテゴリ:レシピ(食べ物)( 12 )

最近スープにはまっています。何となくヘルシーな気がします。何となくではなく野菜をたっぷり食べれるのでやっぱりヘルシーです。そしてそのスープにはポーランド食器のカップ&ソーサーを使っています。こちらのように↓
a0256995_1646251.jpg


[PR]
本日はどこの家にもある材料で出来るプリンレシピをご紹介します。ポーランド食器、と
タイトルには書いていますが耐熱容器であれば何でも大丈夫です。
私は今、Myプリンにはまっております。美味しいです!そして家にある材料で出来ると
いうシンプルさも好きです。
コツは。。。。。ありません。簡単です。でも、あるとすれば必ず12時間以上冷蔵庫で
冷やしてから食べることです。味が全然違います!
それでは。。。。
材料
プリン生地
卵 3個
砂糖 60g
牛乳 400cc
バニラエッセンス お好みで(私はいつも入れ忘れています~)

カラメルソース
砂糖 25g
水 大さじ3

1.ボウルにプリン生地を入れ泡だて器で混ぜ合わせます。
a0256995_12382057.jpg

シャカシャカ、シャカシャカ。。。。
a0256995_12385259.jpg

混ぜ合わせたものを濾します(やかんの茶漉し。。。でもOK)
a0256995_12551874.jpg

2. 次に火にかけます。50度に温めます。木べらで混ぜながら。50度越すと宜しくありません。
a0256995_12403674.jpg

3. ポーランド食器のマグカップにプリン生地を流し込みます。ポーランド食器のマグカップはオーブンもOKです。このマグは230cc容量です。容器は耐熱であれば何でも大丈夫です。
オーブンの天板に水を半分から3分の1注ぎます。160度で30分くらい蒸し焼きにします。
a0256995_1246751.jpg

4.焼き上がりました!
a0256995_12464361.jpg

お次はカラメルソースです。お鍋に砂糖25gと大さじ1の水を加え火にかけます。弱めの中火です。
a0256995_12512595.jpg

だんだん茶色に色づいてくるのでお鍋をゆすります。茶色が濃いほど苦味が強くなります。
お好みで。いいと思う色になったら大さじ2の水を足しますがカラメルがはじけて跳ねますので
ご注意ください。
a0256995_12514561.jpg
そしてお鍋をゆすり出来上がったプリンにかけたら出来上がり!よーく冷蔵庫で冷やして次の日にお召し上がりください~。くれぐれも誘惑に負けて誰かさんのようにその日に食べてしまうことの無いように(言うまでもなく私です)。。。
a0256995_12531822.jpg

[PR]
2日前にJAの野菜販売所でバジルをいっぱい買ってきました。一袋にたぶん60~70g(もっとかもしれません)入って100円で売っています。バジルソースを作って保存しておこうと意気込んでいました。作り始めてしばらくすると愛用している2代目山善 ミニチョッパーが作動しなくなりました。1代目山善ミニチョッパーは3年以上経ってもモーターはばっちり作動し最後には容器のプラスチックがダメになり2代目を購入したばっかりなのに。。。。2代目よ~。。。
(ちなみに山善ミニチョッパーは本当に便利です。少量のバジルソース作りにはいつもこちらを使います。なぜなら食器洗浄機に入る小さなサイズだからです。なのでスティックミキサーは沢山作る時、少量は山善ミニチョッパーです。食洗機も使えて本当に重宝しています。)
このままではバジルがダメになってしまう~!と購入したのがこちら!
a0256995_11204295.jpg

エレクトロラックス electroluxのスティックミキサー。家電は日本企業のものしか
買ったことがなかったのですがRACHEL KHOOさんも使っているとしっていたので
抵抗なくこのメーカーにしました。あと、日本での知名度はいまいちですが海外では
結構有名です。元々スティックミキサーを買う気はなかったのですが
フードプロセッサーが意外と値段がするのでそれなら!とチャレンジしてみることにしました。
a0256995_11235528.jpg

早速使ってみましたが今まで小さなミニチョッパー使用者としましてはあまりのパワーと
早さに感激!あっと言う間にバジルソース完成。
a0256995_11252677.jpg

レシピは。。。
いつも目分量なので。。。
・バジルの葉  約50g(バジルを半分の量にしてパセリでカサ増ししてもOK)
・松の実    約30g
・ニンニク   一かけ(中の芽は取る)
・オリーブオイル 100MLもっと入れてもOK
・塩       適量
・こしょう   少々
・パルメザンチーズは食べるときにかけるのでソースにはいれていません。
以上をフードプロセッサーにかけるだけです。
a0256995_11292541.jpg

小分けにして冷凍し食べる時に解凍しゆでたパスタにあえて、
パルメザンチーズをかけて食べています。

エレクトロラックスという会社のものも、スティックミキサーも初めてですが今のところ
何も言うことなしです。また他の機能も使ってみます。しかしながらエレクトロラックスという
名前がなかなか覚えられません。。。。。。。。。。エレちゃんでいいかな。
************************************************************
上記を書いてから2年後、エレちゃんはこんなことになってしまいました。

a0256995_16240828.jpg
作動させるために押すスイッチ部分が破れてしまいました。メーカーに連絡しても購入後2年経っているので修理は有償。同じ製品が無いので新しいものと交換とのことでした。購入後2年経っていますが月に1度か2度使うか使わないかの頻度でこうなるとは。。。。。
次回スティックミキサー買うときは、やはり日本のメーカーにしようと思いました。
あと、ミキサーのフタを洗うと必ず水が下記写真のグレイ色の所に入り込んでどんなに振ってもなかなか水抜きが出来ません。

a0256995_16305533.jpg
他のメーカーのスティックミキサーはどうなんでしょうか。エレちゃん、期待してたのになぁ~。


[PR]
今日はしそジュースの作り方を書きます。さっき、作りました。10-20分ほどで出来ます。

シソジュース 材料
・赤シソの葉 300g
・水     1.5リットル
・砂糖 500-600g
・レモン汁 2-3個分 もしくはクエン酸小さじ2

1.たっぷりの水でシソの葉をきれいに洗います。葉を破らないように優しく。
2.大きめの鍋(ステンレスかホウロウ)で水を沸騰させシソの葉を入れ葉が緑になるまでゆでます。3-4分。ゆでている時少しかき混ぜてアクを取ります。
3.ゆで上がってから葉はザルに上げます。
4.鍋に砂糖を入れ、汁を戻し火にかけ、砂糖を煮溶かします。
5.荒熱を取ってからレモン汁を入れます。あとは冷めてから保存容器に入れ冷蔵庫で保存。水や炭酸水で3-4倍に薄め飲んでください。
a0256995_1759552.jpg

レモン汁を入れると綺麗なちょっとピンクがかったワインレッドのような色になります。
a0256995_180350.jpg

シソは食欲増進・解毒・精神安定その他栄養価も高くビタミンA・Cやミネラルも豊富だそうです。
夏バテ気味の時にぜひ飲んでください。
a0256995_1834360.jpg

簡単に美味しいものが家で出来るというのがうれしいかぎりです。
P.S.このしそジュースはお早めにお飲み下さい。保管は冷蔵庫で2週間ほどがベストだと思います。長くなると発酵し(味はさほど変わりませんが)ペットボトルで保管していた私は開けた時に
炭酸が噴き出すようにシソジュースが噴き出し辺り一面ピンク色になりました。びっくりしました!
[PR]
こんにちわ!蒸し暑い日が多くなってきました。
食欲の落ちてきている方も多いかと思われます(こちらはその気配もなく。。。残念です)
今日は簡単で美味しく蒸し暑い日にもぴったりの牛乳かんをご紹介致します!
寒天の効用は皆様もご存じと思われますがカロリー0で食物繊維がたっぷり!
素晴らしすぎます。寒天を見直す会を結成しました。
何せ簡単&すぐに出来上がるので突然の来客にぴったりです。
特にノルデックウェアの型で作ると寒天を型に入れてから
室温で30分もかからず固まります。
もう30分で冷蔵庫で冷やせば小一時間もかかりません。
コープやAEONの粉寒天をいつも使っています。

牛乳かんレシピ(4人分)パッケージのを転載してまーす。
粉寒天 1袋(4g)
水 200cc
砂糖 60~100g
牛乳(人肌に温めたもの)400cc
1.おなべに水200ccに粉寒天を入れて混ぜながら2分くらい沸騰させます。
2.粉寒天が完全に混ざってから中火にし砂糖を加えます。
3.火をとめて人肌に温めた牛乳400cc入れます。
容器に入れあら熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。
a0256995_13175760.jpg

びっくりするほどノルディックウエアは寒天が固まるのが早いです。形のせいでしょうか。
材質でしょうか。
百獣の王とジャングルの王の対決です!
a0256995_1320027.jpg

がぁおー!
a0256995_1321240.jpg

パォーン!
a0256995_13214019.jpg

お皿はポーランド食器・ポーランド陶器です。ポワンスキーへどうぞ!とっても使い易いです。
[PR]
こんにちわ~、ポワンスキーです。本日はピクルスを漬けました。
なぜなら、ピクリング スパイス(ピクルススパイス)という心強い味方がいたからです。
ピクルススパイスさん、どうぞ。こちらへ。
a0256995_1325113.jpg

おまけに裏にちゃ~んと作り方まで書いてくれています。
a0256995_13262763.jpg

なのでピクルススパイスさんに手ほどきを受けながら作りました。
本日は写真のような材料を漬けてみることにしました。きゅうりとニンジンに軽く塩をして20~30分おいてからさっと洗いキッチンペーパーで拭いています。カリフラワーはさっと茹でております。
a0256995_1329350.jpg

写真のビン一本分の分量は
・酢(2カップ)
・砂糖(1カップ)
・ピクルススパイス 小さじ2
・にんにく ひとかけ(myアレンジ)
上記を煮立ててます。煮沸しよく乾かしたビンに用意した野菜を入れ上記の酢が少し冷めてから注ぎます。私は下記の分量×2作りました)
a0256995_13321490.jpg

あとは十分冷めてからフタをして冷蔵庫に保存します。食べれるのは2~3日後位でしょうか。
毎日食べごろをチェックしていて食べごろには中身が全部無くなった!ということにならないように
ビン2本分作りました。皆さまもLet's try !
a0256995_13343720.jpg
a0256995_13344720.jpg

追記:このレシピの食べごろは1週間後~からのようです。当日または次の日食べた時はまさに
≪劇薬注意≫とも言えるぐらい酢がきつくてくらくらしてしまいました。水が入っていないレシピなので野菜から水分が出てきてマイルドになるのが1週間後位だと思われます。ですので野菜に塩を振る時も少しだけにしてあまり準備段階で野菜の水分を無くしすぎないほうがよろしいかと思われます、はい。そしてリンゴ酢はきついです。もう一本を穀物酢で作ったのですがそちらはまだ幾分かマイルドでした。少し水を足した方が良いようです。
[PR]
こんにちわ、ポワンスキーです。
今朝は子供新聞に載っていたプレッツェルに挑戦しました。
a0256995_165159.jpg

記事にはポワンスキーがマレーシア時代に愛したAuntie Anne'sというソフトプレッツェルのお店が
東京にもあるということも載っていました。レシピもあったのですがカリカリタイプのものだったので色々とネットを調べて作ったのですが。。。。
a0256995_16533556.jpg
a0256995_1654217.jpg

違うんですね~。。。。レシピには外はパリッ、中はもちもちと書いてあるのですが私は中も外も
ソフトなのがいいのです。。。カリッ、パリッ、の部分は要らないんです~。
a0256995_1655441.jpg

美味しくないことはないのですが食感が違うのです。Auntie Anne'sを食べたことがある方には
分かって頂けると思うのですが外も中も『柔らかめ』がいいんですね~。実はこれで2度目の挑戦。でもまたがんばります!プレッツェルには熱いうちにバターを塗り砂糖をかけたりポピーシードをのせました。味はいいのであとは食感です。必ずまた成功させます~。お皿はポーランド陶器です。
ポーランド陶器のポワンスキーも宜しくお願い致します。ペコリ。
[PR]
前回は欲しかったノルディックウェアを購入し早速カップケーキを作ったところ見事に失敗しパサパサ・カスカスのカップケーキが出来上がりました。しかし子供はあのパサパサカップケーキを気に入ったようで熱烈にリクエストしてくるので再度挑戦。レシピを再考(と言ってもネットでホットケーキミックスを使ったレシピを調べて自分流にアレンジしただけです。。。。)
材料
・ホットケーキ ミックス 200g
・砂糖    80g
・牛乳    70cc
・卵     2個
・サラダ油  60cc
・溶かしバター 20g位
上記をホットケーキミックスから順番に入れ、泡だて器で混ぜていくだけです。
a0256995_10333536.jpg

型に油をぬってから混ぜたものを型の3/4位まで入れます。
a0256995_10364850.jpg

180度のオーブン(余熱する)で20分~25分焼くと出来上がりました。
a0256995_10372835.jpg

ドキドキします。
a0256995_10383273.jpg

今回は大成功でした。ふわふわ&しっとりしています!!嬉しい~~~!
子供は『美味しいけど前の方がいい~』『なんか味が違う』とのたまっていましたがそれは聞こえていないことにしましょう。本当に美味しかったですよ!ポーランド陶器のお皿にのせました。(カップケーキが大きすぎてよく見えないのでこちらで確認してくださいませ → ポーランド陶器 ポワンスキー 
a0256995_10554872.jpg

ばんざ~~い。
[PR]
こんにちわ!ポワンスキーです。本日は挽き割小麦が手に入ったので中東のサラダ タブーレ(タブーリ)を作ります~。挽き割小麦とはなんぞや?と言われる方も多いと思います。ブルグル、バルガー、ブルガー等呼ばれていますがデュラム小麦を蒸して挽いたものだそうです。小麦胚芽たっぷりでビタミン/ミネラル/食物繊維の宝庫です。そして美味しいです。私はサラダ以外にもスープに入れたりしています。トマトスープにぴったりです。輸入食料品店で売っています。
a0256995_16525738.jpg
 ブルグルの写真です。これを水で洗って水に浸しておいて下さい。時間は2~3時間。そのブルグルの粒の大きさによります。浸した後は水をよ~く切ります。
では材料へ
a0256995_16514014.jpg

・挽き割小麦1/3 カップ
・きゅうり 1本
・トマト 大1個(中2個)
・パセリ お好きなだけ
・レモン 大さじ1~2
・塩  小さじ1/2 ~お好きなだけ
・オリーブオイル 大さじ2
・もしあればミントの葉を刻んで入れると大変美味しくなります!(お好みですが。。。)
・オリーブの実はお好みで。無くても全然OKです。(普通入ってません)
きゅうりとトマトを1cmくらいかそれ以下のダイス切り(角切り?)にします。、あ、トマトは1.5cmほどで大きい方が美味しいです。パセリはみじん切りです。あとは材料を混ぜるだけです。
a0256995_1643486.jpg

塩&レモンの加減はお好みです。オリーブオイルも大さじ2くらいですがお好みでおかけ下さい。
あちゃらの方はいっぱい入れています。回しかけるという感じです。じゃーん、出来上がりです。
a0256995_1659368.jpg

食欲の無い時(ある時も)、健康が気になるとき、ダイエットしたいな~と思うとき、このタブーレで乗り切って下さい。おいいしですよ!
食器はもちろんポーランド陶器の小鉢です。ポーランド陶器のポワンスキーへ。
[PR]
クリームチーズを家でとても簡単に作れます。と~っても簡単です。

材料は
市販のヨーグルト 500g
塩        ひとつまみ
a0256995_1691491.jpg

ざるに布巾をかけヨーグルトを入れます。
a0256995_1692357.jpg

そこへ塩ひとつまみ入れます。目分量で大丈夫ですよ。(塩が混ざるようにぐるぐる混ぜます。)
a0256995_16103928.jpg

あとはざるの下にホエー受けを置いてそのままに。暑い夏は冷蔵庫に入れておきます。そうすると半日(12時間位)ほどでクリームチーズが完成します。今日は2~3時間でこの状態になりました。しかし食べるまでには最低8時間くらいは置いておく方がチーズらしいです。私はいつも夜作って一晩おいて次の日の朝食べるという風に作っています。
a0256995_1614324.jpg

a0256995_16225045.jpg

ホエーがいっぱいたまっています。これをどうするかは。。。私は今まで捨てていました!が、色々調べるとスープに入れる方もおられるようなので明日はヨーグルトスープを作ってその中に入れる予定です。
a0256995_16164022.jpg

チーズにオリーブオイルをかけてパンと一緒にどうぞ!今日は美味しいオリーブオイルがなかったのでえごま油をかけてみました。(えごま油って本当に美味しいです。生クリームのようです。)
最初にドライパセリやこしょうを入れてもいいかもしれません。お試しください!お皿はポーランド陶器です。
P.S.えごま油はあいませんでした。味が薄すぎて。。。やはりチーズにはオリーブオイルのようです。
[PR]