<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

随分前に書店でこの本を見た時にどれだけ心がときめいたか測り知れません。『こんな家具が本当に自分で作れるの?』そしてその本というのが、
a0256995_2344576.jpg

Come home!DIYで作るナチュラル&レトロな家具という本です。誰でも作れる簡単小家具という見出しにほだされてノコノコと木工製作とは無縁の者がこの本を買ってしまいました。『情熱があれば何でも不可能なことはない』という信念とは裏腹に。。。どれが一番簡単そうかな~と選んだのがこちらのシェルフ・棚。
a0256995_2424447.jpg

実際はペイントをしたり扉や引き出しが付いているデザインなのですが。。。良く言えばナチュラルに仕上げて見ました~(汗)。材料の木はホームセンターでカットしてもらいあとは家で木工用ボンドと釘&金鎚&ドライバーで出来上がるのですが家に電動ドリルはあるものの使い方がよくわからないのでドライバーで釘をねじ込んでいきました。やはりかなりの力が要ります。電動工具を使いこなすのがDIYの秘訣かもしれません。
a0256995_2575573.jpg

出来た棚にはお好きなマグや食器を置いて自分のためのコレクション棚として使うこともできます。写真はポーランド陶器を並べています。
現在眠っているこの本をまた再び開くのはいつのことになるやら。。。乞うご期待。。。
よろしければこちらもどうぞポーランド陶器のおみせ、ポワンスキー
[PR]
ポーランド料理を食べたことがありません。でもポーランド陶器のお店ポワンスキーをしているからには一度は食べておきたい!と思い早速ポーランド料理の本を買いました!
a0256995_1622666.jpg

それがこの本です。表紙にはポーランド食器に盛られた料理がデーンと。
中身をパラパラ、そしてじっくり。。。
a0256995_222418.jpg

これが噂のポーランドの餃子、ピエロギか~。なんて一人で考えながらひとつひとつ材料を見ていくのですがどれを作るにも初めての味なので度胸がいります。
このポーランド陶器 ポワンスキーブログにもいつかポーランド料理をアップしたいと思います。気長にお待ち下さい!

こちらもどうぞポーランド陶器 ポワンスキー
a0256995_218031.jpg

[PR]
今年の2月末~コストコが神戸にも出来ました。今まで尼崎まで足をのばさなければいけなかったのがこんな便利なことはありません。近い上にコストコ神戸は日曜日でも尼崎ほど混雑していないように思います。いつも買うものは決まっているのですが今日はきっと皆さまがあまり手を伸ばさないであろう商品をのせてみます(コストコのまわし者ではありませんが)。
a0256995_15521450.jpg

じゃん!こちらは『なつめやし』でございます。デーツですね。なつめやしを日干し(というのでしょうか???)にしたものです。お値段は忘れてしまいました。次回チェックしておきます。
私には見た目がちょうどゴキ〇リのように見え、手がなかなか出ないのですが夫が大好きで買っています。でも味はとてもお上品です。ゴキ〇リなんてことをいいながら何が上品だと言われそうですが本当に甘さが上品です。日本の干し柿を上回るかもしれません。
a0256995_15535777.jpg

ウィキペディアによればメソポタミヤや古代エジプトで紀元前6000年代には栽培されていた果実だと書かれていました。味にくせがなく私は紅茶と一緒に食べるのが好きです。もしどこかでデーツに出会われたらぜひお試しください。他の輸入食料品店でも売っているところもたまにあります。(でもメーカーによって美味しいものとあまり。。。というものがあります。)ポーランド陶器のティーセットもお伴します。

a0256995_15504731.jpg

[PR]
先日思い立って作った冷やしあめ。何だか微妙なお味でした。今日再度思い立って作ってみました。
成功の予感がしたので一応分量も量ってみました。
《材料 500ccの冷やしあめが出来ます》
水 500cc
砂糖(ざらめ砂糖や黒砂糖など)250g
しょうがをおろしたもの 握りこぶし大
以上をお鍋に入れて5分位ぐつぐつ煮て下さい。
a0256995_13432725.jpg

煮たてたら冷めるまでそのままにしておきます。その後冷めたものを濾してペットボトルか何かにいれておきます。
a0256995_13471022.jpg

コップにこの冷やしあめを60cc位入れてから水や炭酸水を約160~180cc入れれば
a0256995_13481738.jpg

冷やしあめの完成です!!今回成功したのは砂糖の分量を多くしたこととざらめ砂糖を使ったためだと思われます。(ざらめと黒糖を半々にしました)
昔小さい頃に飲んだ冷やしあめとはちょっと違うような気もしますしこれってただのしょうが湯?とも思いますが恐らく冷やしあめとはこんな感じだったと。。。
しょうがは体にいいですしお試し下さい。お湯で割ってももちろんOKです!
ピッチャー&カップはポーランド食器ですポーランド陶器のポワンスキーで扱っています♪
[PR]
私が子供だったころ、今から30年以上も前(え~~~!!!こういう風に書くとすっごく自分って年いってる~。。。)10円玉数個握りしめて通った駄菓子屋さん。毎日通っていました。今の子供たちはスーパーでママとお買いものの時にお菓子コーナーで買いますよね。駄菓子屋さんってないですものね。たまにショッピングモールに子供とその親も楽しめるように駄菓子屋さんがあるけれど立派すぎて。。。
写真の駄菓子屋さんは品のよいおばちゃまがされています。時々子供と行っています。
a0256995_20123526.jpg

卵も一個から買えますよ~。
a0256995_20131911.jpg
a0256995_2051916.jpg


そんな懐かしさを胸に、家に帰って後日懐かしの冷やしあめ(これまた昔風のドリンクです。)を自己流で試作しましたが、結果。。。
a0256995_20434595.jpg


まず~~~。。。。。これはまた作りなおします。でもちょっぴり美味しかったのでもうちょっと試行錯誤すれば完成するでしょう。今日の迷言。失敗の無い人生は無い。いつも失敗の連続の人間より。マグカップはポーランド陶器です。
追記 子供に失敗冷やしあめを飲ませたところ『おいしい~』とのこと。パサパサカップケーキや失敗ひやしあめを美味しいといううちの子の味覚とは。。。???
[PR]
この子たちの正体をご存知ですか?
a0256995_1443130.jpg

青象と赤熊の置物?!う~ん、もう少し!
a0256995_1505037.jpg

赤ちゃんのおもちゃ?う~ん、違う。おへそが怪しい。
a0256995_1515783.jpg

後ろ姿もどうぞ。分かりましたでしょうか?
  ⇩
  ⇩
  ⇩
そう、実はこの子たちは。。。
  ⇩
  ⇩
  ⇩
  ⇩
おへそのボタンを押すと~
  ⇩  
  ⇩
  ⇩
びよ~んと伸びて
  ⇩

  ⇩

  ⇩

  ⇩
頭を取ると。。。。
じゃーん!
a0256995_155177.jpg

歯ブラシなのでした!かわいいですよね?!いとこが持っていたのを見て
探し回って手に入れました!こんな歯ブラシがあると楽しいですね。お付き合い頂きありがとうございました。
ただ。。。。ブラシがやわらか過ぎて機能面ではちょっと-1です。
[PR]
前回は欲しかったノルディックウェアを購入し早速カップケーキを作ったところ見事に失敗しパサパサ・カスカスのカップケーキが出来上がりました。しかし子供はあのパサパサカップケーキを気に入ったようで熱烈にリクエストしてくるので再度挑戦。レシピを再考(と言ってもネットでホットケーキミックスを使ったレシピを調べて自分流にアレンジしただけです。。。。)
材料
・ホットケーキ ミックス 200g
・砂糖    80g
・牛乳    70cc
・卵     2個
・サラダ油  60cc
・溶かしバター 20g位
上記をホットケーキミックスから順番に入れ、泡だて器で混ぜていくだけです。
a0256995_10333536.jpg

型に油をぬってから混ぜたものを型の3/4位まで入れます。
a0256995_10364850.jpg

180度のオーブン(余熱する)で20分~25分焼くと出来上がりました。
a0256995_10372835.jpg

ドキドキします。
a0256995_10383273.jpg

今回は大成功でした。ふわふわ&しっとりしています!!嬉しい~~~!
子供は『美味しいけど前の方がいい~』『なんか味が違う』とのたまっていましたがそれは聞こえていないことにしましょう。本当に美味しかったですよ!ポーランド陶器のお皿にのせました。(カップケーキが大きすぎてよく見えないのでこちらで確認してくださいませ → ポーランド陶器 ポワンスキー 
a0256995_10554872.jpg

ばんざ~~い。
[PR]
こんにちわ~、ポワンスキーです。昨日は台風さながらの激しい天候だったので家で入浴剤(バスボム)を作りました。前にも挑戦し上手くいったので再度挑戦。
IKEAの氷の型を使いました。こんな感じで出来上がるのです。ムフフ。
a0256995_8315546.jpg

メレンゲのお菓子のようですね。
材料は
・重曹   1カップ(180cc)
・クエン酸 大さじ 4.5
・片栗粉 大さじ 3.5
・水(霧吹き使用) 約大さじ1.5~2
・お好きな香り(アロマエッセンス等)
a0256995_8362547.jpg

1.水以外を最初に混ぜます。その後霧吹きをシュッとひと吹きしては混ぜ、というのを繰り返します。水は約大さじ1.5~2くらい分です。
a0256995_8381735.jpg

2.まだまだ粉っぽさが残るぐらいで良いです。でも触ると少ししっとり握るとちょっと固まってるかなという位で大丈夫です。下の写真位です。
a0256995_8401554.jpg

3.その後お好きな型に入れます。ギュッと押しいれます。IKEAの製氷器を使用しました。
a0256995_8411496.jpg

4.これをこのまま一晩乾かして、次の日に型から出せば!はい、出来上がりました~!
a0256995_8422754.jpg

a0256995_852468.jpg
ポーランド陶器のりんごポットに入れてみました。可愛いですね。
このサイズであればお風呂には2~3個入れても大丈夫です。一応、重曹&クエン酸のメーカーさんに電話して肌に問題がないか確認しました。保湿効果があるとのことです。但し、逆にアトピーなど皮膚に問題がある方には乾燥させてしまうのでだめなようです。私は肌が弱いのですがこの手づくりバスボムを使用しましたが大丈夫でした。あとは香りをつけるともっといいかもしれません。ミントやシトラス系などあればよかったのですが今回はなかったのでお菓子用のバニラエッセンスをほんの少し入れました。ネットで検索すれば手づくり入浴剤の作り方がいっぱいあるのでお試しください。
[PR]