<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏の間はバテていました、人間も植木も。
植木もどんどん枯れてしまいました。
夏も過ぎて虫の音と風が気持ちいい季節になってきました。
本日、意を決してポーランド陶器の植木鉢にてお部屋のグリーンプロジェクト=緑化計画を始めました。
a0256995_202112.jpg
プミラ、シクラメン、ビオラを買ってきました。そしてそれらをポーランド陶器の植木鉢へ。
a0256995_2034174.jpg

早くも完了。
鉢カバーとしても使えます。
お部屋に緑を置くと。。。。イライラ・バタバタ・ギスギス、などの症状に効き目があります。
お試しあれ~♪ ポーランド陶器の植木鉢・花瓶は1つ1つがハンドメイドで絵付けされています。
そんなストーリーのある植木鉢・花瓶がグリーンプロジェクトを盛り上げてくれます。ポワンスキーで扱っております。どうぞこちらへ~ポーランド陶器ポワンスキー
a0256995_19552719.jpg

[PR]
前回メダカを飼い始めたと記しました。
あれから3週間経ちましたがなんと!メダカが卵を産み、赤ちゃんが孵りました!!
卵が産みつけられた水草を別の水槽に入れると1週間ほどで体長3mmほどの小さなメダカの赤ちゃんが!
a0256995_1314952.jpg

a0256995_132575.jpg

赤ちゃんにはえさは与えていません。藻に小さな回虫のような虫やひゅんひゅん動き回る体長0.5mmほどの生物もいるようなのでそれらを食べてくれるだろうと自然飼育しています。
たった1か月ほどで親メダカの水槽はコケ(藻)まみれです。観察用に1面のみ歯ブラシでゴシゴシきれいに磨いています。
a0256995_1342714.jpg

親メダカも元気。卵をお腹につけているのを発見した時は強制的にそのメダカを網ですくって
卵をお腹から取り別の水槽へ入れています。でなければ、親の水槽で赤ちゃんが孵ると親に食べられてしまいます~OH NO!
a0256995_13101789.jpg

前回何かよくわからなかったタニシの様なものは『サカマキ貝』と言われるそうでこれも卵を産み、
爆発的に増えます。なぜなら。。。雌雄同体でひとりで卵を産めるそうなのです。。。ドン引き。
おまけに赤ちゃんの成長も早い!そしてこのフンがまた体のわりに大きくあまり増えると水を汚します。
なので心を鬼にして赤ちゃん貝を割りばしで潰します。許してくれ~!
a0256995_1319167.jpg

そんなわけでメダカの水槽の前での観察時間がまたまた長くなっています。。。。。
[PR]
本日はどこの家にもある材料で出来るプリンレシピをご紹介します。ポーランド食器、と

[PR]
♪ 静かな湖畔の森の陰から~


もう起きちゃいかがと


カッコ―が鳴く~ 


カッコ―、カッコ―、♪






一時間ごとに家が森になります。なぜなら。。。。











a0256995_1127368.jpg

鳩時計を買ったから。。。。。
セイコークロックが発売元で製造国は不明です。本来は鳩時計(カッコ―時計)は
振子式・おもり式で動くようですがこちらはクォーツ式です。単2電池を2つ使用しています。
毎時、カッコ―、カッコ―とその時間数鳴いてくれます。その鳴き方が森の中から
鳴いているようなエコーがかったもので家の中にいても森に紛れ込んだのかしらと
錯覚させてくれます(言いすぎかな)。
a0256995_11361211.jpg

子供は念願のカッコ―時計に大喜び。
反対者は夫。色が濃い過ぎて重たい感じとゴテゴテした装飾が好きでないとのこと。
あ~、それを言ってはいけない!
私もそう思っているのに!
それをあえてこの鳥にのみ視線を集中させ、マイナスポイントに目をつぶり
この『森製造機』を楽しんでいるのだ。
白いペンキで塗り替え計画も頭によぎりましたが今はそのアイデアは保留にしています。
a0256995_11421581.jpg

カッコ―の鳴き声はセンサー式で暗くなるとなりません。スイッチがないのでカーテンで
しっかり部屋を暗くしていないと朝早くから鳴き始めます。今は朝六時からカッコ―さんは
働いています。夏はもっと早く鳴くと思われます。
もう少しデザインをモダンにしてくれれば100点満点の時計なんですけどね~。
それともこれはこういう古典的デザインにあえてしているのかな。
森、いかがですか?
[PR]